岐阜県恵那市 福祉サービス 社会福祉法人 恵和会

職員日記カレンダー
« « 2020 12月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
ホーム  >  職員日記  >  万年青苑  >  移乗勉強会

職員日記

移乗勉強会

カテゴリ
万年青苑
投稿者
user   2020-9-11 3:21

みなさまこんばんは万年青苑でございます。

9月に入り、少しずつ秋めいてきました。朝晩が涼しく感じられるように

なってきましたが皆さん、体調の方は大丈夫ですか?

今回の万年青苑職員日記は、去る9月3日と8日の2回に分けて開催されました

職員勉強会をのぞいてみようと思います

まずはじめに参加者全員マスクを使用し、感染症予防対策をとった上で開催された

勉強会であることをご案内させていただきます。

それでは9月3日午後7時、万年青苑2階食堂へとまいりましょう

緊張の面持ち(??)、勉強会のスタートです

 

 

介護技術班で作られたテキスト。

これに則って進めていきます。

分かりやすくまとめられて

いました

 

 

 

 

 

 

テキストを見たり、説明を聴いて…

介助の基本を今一度復習して

いきます。

 

 

 

 

 

↑↑ある入苑者の手引き歩行の動き、介助者の動作を実際に演じながら体重のかかり方や自分で身体を支えられるのはどのくらいまでかを見ていくところ。

モデルがあってわかりやすい説明でした右端の写真は重心を低くして足を開いて

構えると、押しても簡単には動かない実演中です。

介助させていただく際には気を付けていきたいところです。

↑体の向きを変える方法の説明。介助者の身体の動き、向きを変えるにはどのようにすると負担が少ないかの説明でした。真ん中の写真、押したらダメな例です

お年寄りに姿勢をとってもらえる時は膝を曲げてもらったり、手を組んでもらったり。どちらにも負担なく進めていかないとケガのもとになりますのでね

↑↑次に、車椅子へ乗る際の実演がありました。上の写真は立ち上がる際の足の位置に

ついての説明中です。人は、椅子から立ち上がる際に座った状態のままで足を揃えた

まま立ち上がるとどうなるか?

足を手前に引いて立ち上がると、つま先に重心がかかって立ち上がりやすくなることを復習しています

踏まえての移乗実演は・・・

 

 

↑↑←←足を引いてもらって介助者も重心を低くして車椅子へ移乗していますね。

※上の5枚は、クリックで大きく出来ます

 

 

 

 

 

 

 

 勉強会も佳境に入ってきました。

色々な移乗方法の説明に入っていきます

 

 

 

今回の勉強会で体験してみたのは『ズボン掴み』と『脚乗せ』の2つ。

まず、『ズボン掴み』から見ていきたいと思いますが、

普通にズボンを掴んで立ち上がりの介助をすると、右側のようにかなりズボンが

上がってしまいます

ゴムの辺りに写真のように手をかけ、ズボンを折りまげながら立ち上がって

もらうことで、ズボンが食い込んだりすることなく楽に立ち上がってもらえました

 左から3番目の写真は、ちょうど参加されていたお年寄りの方にも協力していただいたりしながら、

体験してみました意見を出し合いながら時折笑いもありながら、取り組みました

最後は『脚乗せ』でした↓↓↓

介助させていただく方を脚、膝を使って車椅子に移ってもらう方法です。

※クリックすると大きく出来ます。

こちらも、介護技術班と体験してみました。

 

ということで、今回の移乗勉強会はここまでとなります。

この勉強会で学んだことを生かしながら、お年寄りの方が負担や恐怖心を抱くことのないように

もう一度基本を思い出して、なおかつ職員の腰もいたわりつつ、お互いが安心して暮らしていける場所を

目指していけたらいいと思います。

最後になりますが、秋も深まっていきますだんだんと涼しく、寒くなっていきますので

最初にも書きましたが、みなさん、体調には十分お気をつけくださいませ

それではまた、次回の職員日記でお逢いしましょう

 

 

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.keiwakai.or.jp/modules/d3blog/tb.php/364

本文はここまで